ナフナフの御朱印アルバム


カテゴリ

鎌倉五山

 鎌倉時代に中国の五山制度にならって禅寺に設けられた五大官寺。簡単に言えば、五山は、禅宗で最高の格付けとされる五つの大寺。寺を格付け管理し、官が任命権をもって順次格式の高い寺に昇任させる制度であったとされる。
 当初、建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺と京都の建仁寺が五山とされたが、鎌倉幕府滅亡後、いくつかの変遷を経て、室町幕府三代将軍足利義満が、1386年(至徳3年)、南禅寺を五山の上に置き、鎌倉五山(建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺)と京五山(天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺)を決定し、現在に至るとされる。

第一位・建長寺
第二位・円覚寺
第四位・浄智寺
第五位・浄妙寺