ナフナフの御朱印アルバム


猿田彦神社

御祭神
猿田彦大神
大田命(おおたのみこと)


歴史
日本神話によれば、猿田彦神はニニギの天降りの先導を終えた後、伊勢の五十鈴川の川上に鎮まり、倭姫命世記によれば、その子孫の大田命は天照大神を祀る地として倭姫命に五十鈴川川上の地を献上したとあり、猿田彦神は、ものごとの最初に御出現になり万事最も善い方に導く大神と伝わる。大田命の子孫は宇治土公(うじのつちぎみ)と称し、神宮に代々奉職し屋敷神として祖神の猿田彦を祀っていて、明治に神官の世襲が廃止され、屋敷神を改めて神社としたのが猿田彦神社の始まりとのこと。
備考


所在三重県伊勢市宇治浦田2-1-10


奉拝日2018/5/19


コメント