ナフナフの御朱印アルバム


安房神社

御祭神
天太玉命(あめのふとだまのみこと)


歴史
創始は神武天皇が初代天皇として即位した皇紀元年(西暦紀元前660年)。神武天皇の御命令を受けた天富命は、阿波国(現徳島県)に上陸の後、阿波国に住む忌部氏の一部を引き連れて、房総半島南端に上陸。この時、天富命は上陸地である布良浜の男神山・女神山という二つの山に、御自身の御先祖にあたる天太玉命と天比理刀当スをお祭りされており、これが現在の安房神社の起源となった。安房国一宮。
備考


所在千葉県館山市大神宮589


奉拝日2017/3/18


コメント