ココパーム2日目・無人島ツアー

成田空港からマーレまで
マーレでの一泊と水上飛行機の旅
ココパーム1日目・ついに到着
ココパーム2日目・無人島ツアー
ココパーム3日目午前・漁民の島ツアー
ココパーム3日目午後・ダイビング
ココパーム4日目・シュノーケリング
ココパーム5日目・とうとう最終日
マーレ観光
ついに帰国
ココパームのレストランと食事Part1
ココパームのレストランと食事Part2
ココパームのデラックスオーシャンブレ
ココパームの風景>

モルジブ・トップへ


COCOPALM14

6月17日(土)晴

ココパームで一番きれいなのは無人島の海です。
今日はココパームの島からドーニで20分ほどの無人島に行きます。
出発は9時30分。この桟橋に集合です。 でも突然、黒い雲がやってきて、 ものすごい雨、スコールでしょうか?
スタッフの方が、『10分もすれば止むよ!』 と言うのですが、ナフナフの内心は不安です。
だって、せっかくのきれいな海が、私の海がどうなっちゃうの!?

でも、スタッフの方の言った通り、あっと言う間に快晴になりました。 胸をなでおろして、いざ、出発です。

ドーニに乗ってたどり着いたのは、
ココパーム所有の無人島、『エブドゥーEboodhoo』です。
島の周囲は珊瑚礁でいっぱいなので、 無人島の直前で、ドーニから小さなボートに乗り移って島に渡ります。
この無人島は手付かずの自然が素晴らしかったです。
EBOODHOO01

COCOPALM06

雨季にもかかわらず海の透明度は抜群でした。
この写真は無人島から撮ったココパーム方面の景色です。
海の色が3色に変わっているのがわかるでしょう!
エメラルドグリーン・グリーン・そしてブルー
これなんですよ、ナフナフがみなさんに伝えたいのは!

この海の色、いつまでも見飽きることがありません。
ナフナフは魚になった気分で存分にシュノーケリング。
ドロップオフもすぐ近くです。
水深数メートルから一気に切れ落ちるところなんて、 今まで見たことのなかったナフナフはまたまた感動です。
だってダイビングも何もやったことなかったのです。 シュノーケリングに夢中になって、 気がつけば1時間半も経過していました。

12時30分、無人島を出発、ココパームに戻ります。
『あ〜、もっと居たい!』と思うのはナフナフだけでしょうか。 だって、あまりにもきれいなんですよ。

帰ってきて、昼食を済ませて、その後は卓球をしました。
卓球はレクリエーションセンターで無料でプレイできるのです。 卓球の話は後日に譲ることにしましょう。

そして夕方、海に突き出たところにあるラグーンバーで
ロマンチックにカクテルなどをいただきました。
ラグーンバーにはバングラディッシュ人の
アブールAburがたったひとりでバーテンです。
ラグーンバーにはヨーロッパ人はよく来るけれど、
日本人はほとんど来ないとの事。
だから、日本人が来てくれて嬉しいと喜びます。
ナフナフはアブールと話し込み親しくなりました。

COCOPALM39

COCOPALM10 COCOPALM08
COCOPALM11

そして周囲は暮れていきます。
海の色がどんどん濃くなっていくのです。

COCOPALM12 ドイツ人とスペイン人のカップルを交えて会話が弾みます。
カタコト英語のナフナフの話にうなずく外国人に感謝です。
そして、インド洋に沈む夕陽を眺めながら、
『カクテルをもう一杯!』
と言うのはナフナフ夫です。まったくもー!

夕暮れのラグーンバーはこんな感じなのです。


戻る 次へ このページの先頭へ モルディブ旅行の先頭ページへ ナフナフの旅アルバム