マーレでの一泊と水上飛行機の旅

成田空港からマーレまで
マーレでの一泊と水上飛行機の旅
ココパーム1日目・ついに到着
ココパーム2日目・無人島ツアー
ココパーム3日目午前・漁民の島ツアー
ココパーム3日目午後・ダイビング
ココパーム4日目・シュノーケリング
ココパーム5日目・とうとう最終日
マーレ観光
ついに帰国
ココパームのレストランと食事Part1
ココパームのレストランと食事Part2
ココパームのデラックスオーシャンブレ
ココパームの風景

モルジブ・トップへ


・モルジブの首都マーレに到着

現地時間の24時ちょっと前、マーレ国際空港に着陸です。
一応、成田発でその日の内に到着ですが、限りなく翌日に近かかったです。 結局、入国審査を通って空港の出口にたどり着いた ときには既に翌日でした。

現地の日本人スタッフに出迎えられホッとひと安心。
でもここの空港は空港だけの島なのです。
空港のある島からドーニという船(写真)で、 首都マーレの町がある隣の島へ行きます。
乗船時間は約7分でした。
目的の宿泊リゾートが近くにある場合には、 そのままスピードボートで行きますが、 ナフナフの場合はマーレで1泊。
待望のリゾートはおあずけです。残念!

DONI


・マーレでの一泊

MALE00 ドーニを降りて、桟橋のすぐ前にある 「ナサンドラパレスホテル」が一夜のホテルでした。
このホテル、マーレの中では高級ホテルに属するらしいのですが、 『うーん、なんか怪しい...』雰囲気のホテルです。
何が怪しいって?・・・う〜ん、説明できません・・・
←部屋の様子はまぁまぁでしょう。
(実はカーテンの裏に窓はなく、板が打ち付けてあると言った感じです) それ以外、別にお化けが出るって程、ぼろい訳でもないのですが、なんか怪しいのです。 なんと言っても、眠くて思考能力がなかったんですね。たぶん。

ただ、後で気づいたのですが、 モルジブの浜辺で使うはずだったサングラスが、 どこかに行ってしまったのです。それも2個。 今回のためにせっかく買ってきたのに・・・

就寝したのは深夜2時すぎ。でも起床は4時ですヨ!
『何?コレ?...』って感じですよね。 つまり休憩なんですネ、早い話が。
まだ暗い午前5時前にホテル内で朝食です。→
こんな時間に食べる客がいるのも不思議ですが、 食事を出すところもあるから凄いですよね。
パンとコーヒーとオレンジジュースにフルーツ付の朝食は お腹いっぱいになりました。
それにしてもここのコーヒーは苦かった。

MALE00B


・水上飛行機の旅

PLANE01

ホテルを5時30分に出発です。さすがに眠かったです。
まず、ドーニに乗って空港の島へ行きます。
その後、水上飛行機乗り場まで自動車で移動。
待合室でしばらく待った後、桟橋へ。
(水上飛行機だから桟橋から乗り込みます)
水上飛行機はDHC−6と言う機種。
朝陽を浴びて結構格好いい感じです。
16人乗りくらいでしょうか、とにかく小さいです。
乗客の中の日本人はナフナフを含めて4名だけ。
あとはみんな外国人、しかも満員でした。
午前6時30分、出発の時刻です。
この飛行機大丈夫かな?と言う微かな不安を乗せながら、 水面を滑走、やがて飛び立ちました。

もちろんプロペラ機ですから音がうるさいです。
なんと言っても、客席からこんな風に操縦席の様子、 パイロットの動作が見えるんですよ。
あ〜、怖い!

PLANE06
PLANE02

私たちが滞在予定のバア環礁にある「ココパームリゾート」は 水上飛行機で30分の予定でした。
初めて乗った水上飛行機は墜ちたらどうしようと不安があったのですが、 空からモルジブの島々をまるで遊覧飛行でした。
雑誌の写真で見た海の色とおんなじで感激!
飛行機はゆれもせず怖い思いも経験せず、無事ココパームリゾートへ。
左の写真は水上飛行機の中から撮った1枚なのですが、
どこの何と言う島なのでしょうか。

マーレから直行すれば30分なのでしょうが、 途中2箇所で乗客をほかのリゾートで乗降させたので、 実際は1時間以上乗っていました。
あとで地図で確認したら、 バア環礁の最も奥まで経由していたようでした。

水上飛行機はココパームのある島からちょっと離れた水上に着陸ならぬ着水しました。
そのまま島まで飛行機で行くのかと思ったのですが、 珊瑚礁とかがあり浅瀬のため島までは行かないのだそうです。
着水した地点には「いかだ」のようなものが浮いていて、そこに客と荷物をおろします。
やがてココパームからドーニがやってきて、ホテルのある島の桟橋まで乗せてもらうのです。
PLANE03

PLANE04

ドーニがやって来るまでのほんのしばらくの間に、 パイロットの方々に記念撮影をお願いしました。
断られるかな?と思ったのですが、快く一緒に写ってくれました。感謝!
両端の二人がキャプテンと副操縦士で、後方にアシスタントの方です。
水上飛行機はいつも3名一組で機上しているようです。

さて、いよいよココパームです。水上ヴィラが見えます。→
右の写真はココパームへ向かうドーニから撮りました。

実はココパームに到着する前に、ナフナフは感動してしまいました。 だって、水上飛行機から降りたイカダの上は、 ナフナフの想像以上のすばらしさだったのです。
蒼く透き通った海、まばゆい太陽
なんときれいなんでしょう。

午前8時45分、ココパームリゾートにたどり着きました。

ここでナフナフのおせっかい解説
マーレと日本の時差は4時間ですが、 ココパームリゾートは特別にリゾート時間を採用しています。
それでココパームと日本の時差は3時間。
つまりマーレ6:30発で1時間15分の飛行ののち ココパームに到着すると1時間加算されて8:45着なのです。

COCOPALM15


戻る 次へ このページの先頭へ モルディブ旅行の先頭ページへ ナフナフの旅アルバム