ナフナフの競馬アルバム

2010/5/23東京11R第71回オークス(優駿牝馬)GT芝2400サラ系3歳
オープン・定量

1着17アパパネ蛯名正義 単勝 [17] 210円 [18] 380円 馬連 1,870円
馬単 [17-18] 1,520円 [18-17] 2,020円 3連複 10,180円
3連単 [17-18-2] 20,460円 [18-17-2] 24,290円
18サンテミリオン横山典弘
3着2アグネスワルツ柴田善臣
東京第71回オークス単勝17アパパネ

東京第71回オークス単勝18サンテミリオン
アパパネとサンテミリオンをアタマにして馬券を買うつもりでいたが、両馬が外の8枠になったため、ちょっと考えた。で、両馬も買うが、ちょっと穴のアグネスワルツを本命に据えて3連単を買った。雨の府中で、アグネスワルツの逃げに期待したのだ。

予想通り、アグネスワルツが逃げる、と思えたがニーマルオトメがハナを奪って逃げる。2番手はアグネスワルツで、3番手にショウリュウムーン、その後は集団で、サンテミリオンは中団の後ろ目、その直後の後方集団にアパパネが脚をためる展開。3角に差しかかる頃、前2頭と3番手の間は6馬身程、今日の流れでは前目の方が有利だなぁ、と心の中で呟く。
4角を廻って直線に向くと、先頭はアグネスワルツに代わっている。しかし、先頭と後方集団との差はほとんどなくなっていて、ちょっと逃げるのはきついかぁ、と思うが、それでもアグネスワルツは1〜2馬身のリードを堅持して直線半ば。丁度200のハロン棒の辺りで、アパパネとサンテミリオンが2頭並走で、アグネスワルツに並ぶ。あぁ、ここで並ばれてはアグネスワルツは万事休すかぁ。アパパネとサンテミリオンの2頭が抜けて先頭、そのまま並走の叩き合い。うぅぅ〜、どっちが前だぁ??? 一瞬、サンテミリオンが前に出たと思えたが、ほぼ並んで入線。クビの上げ下げで決まる決着となった。
長い長い写真判定の末、GTレース史上初の2頭同着で1着の判定。

馬券としては、馬単を的中したけどさすがに安い。さらに、本命をアグネスワルツにしてしまったため、3連単はハズレ。さらに狙いの3頭が来たのだが、3連複は買っていなくて、後悔が残る結果となった。
それにしても、アパパネは2400の距離を克服。サンテミリオンも末脚するどく、どちらも甲乙つけがたい納得の同着だった。
東京第71回オークス馬単17-18 東京第71回オークス馬単18-17

レース結果や配当金についてはJRA発表のもので必ずご確認下さい。

ナフナフの競馬アルバム ナフナフの旅アルバム

Copyright© 2010 ナフナフ(nafnaf), All Rights Reserved.